土地探しのコツ・ポイント
 

住宅は建てられる?

環境がよい地域で、広い土地を格安で手に入れられるという触れ込みの広告がありました。近くには大きな商業施設もあり、駅からは多少離れていて、住居はまだ少ないけれどこれから発展性がありそうな土地だから購入を検討しようとされる方も少なくないはずです。ですが、ちょっと待ってください。広告の中の説明書きを注意深く見てみましょう。「市街化調整区域」「市街化地域」などといった文字が記載されていませんか?市街化地域であれば、建築条件なども緩く家を自由に建築することができますが、市街化調整区域とされている地域には住居を建てることができない、あるいは住居を建築するためにかなり厳しい条件が課せられます。

土地が広い、価格が安いという土地の多くは「市街化調整区域」と目されている土地が多くあるので気をつけましょう。このほかにも、4m以上の道路に2m以上接していなければ住居を建ててはいけないという決まりもあります。建築基準法という法律がありそのなかで定められている項目です。土地の周りが私道で囲まれていたり、道幅が狭い道路に面した場合であれば住居を建築することができない場合もあります。土地を販売する広告の中には、住宅が建てられない・建てるにはかなりの条件が必要だとは明記されていません。ですが「市街化調整区域」「私道」などの記載が必ずされています。また「建築条件付き」などというような記載なども必ずチェックしましょう。また土地の現状をみる前にも建築条件などの確認だけはしっかりしておかれることをお勧めします。

 
土地探しの基礎
環境のよい立地から
広さはどう決める?
競売の物件
複数の業者が紹介する物件
土地販売広告の落とし穴
田舎の物件と都会の物件

主なチェックポイント
過去の履歴は?
道路の広さは大丈夫?
住宅は建てられる?
価格は適正?

対象地域
北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県