土地探しのコツ・ポイント
 

価格は適正?

気になった土地を見つけた時に、次に気にするのが土地の価格ですね。土地の価格が高いのか安いのか分かりにくい事もあるでしょう。土地の価格は不動産業者や売主が勝手に決めることができません。土地の価格は国土庁による公示価格と路線価、売主などが鑑みる実勢価格、各自治体が評価する固定資産税評価額とのバランスを見て決められます。国土庁の公示価格は「相場」とみておくことをお勧めします。それに立地条件や周辺の住環境や商業施設・道路などの環境などを考慮した「実勢価格」なども絡んできます。この実勢価格は公示価格の70%〜110%程度と不利幅が大きいのですが、売りづらい土地であれば価格が安くなり、買い手がつきやすい土地であるほど価格が上昇すると考えるとよいでしょう。

公示価格や路線価に関しては県庁や政令指定都市の市役所等で閲覧することができます。また、路線価に関しても役場で閲覧することができますので、確認されるとよいでしょう。また、どうしても土地の価格に納得できない場合、第三者の土地家屋調査士や、土地境界鑑定人を立てて土地の価格に関して確認を依頼するとよいでしょう。

また、公示価格などに対してかなり土地の価格が安いと感じた場合、土地そのものに関して「理由あり」である場合も考えられます。売主がいち早く土地を手放して現金化したい場合や、過去に何らかの問題があり長年買い手がつかなかった土地なども安価で提供されていることもあります。また土地に対して担保が付けられていることもあり、裁判所からの差し押さえ物件であることも考えられます。担保設定等は法務局で取り寄せることができる土地の登記簿謄本を閲覧すると分かります。

 
土地探しの基礎
環境のよい立地から
広さはどう決める?
競売の物件
複数の業者が紹介する物件
土地販売広告の落とし穴
田舎の物件と都会の物件

主なチェックポイント
過去の履歴は?
道路の広さは大丈夫?
住宅は建てられる?
価格は適正?

対象地域
北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県