土地探しのコツ・ポイント
 

広さはどう決める?

環境のよい土地を見つけた場合、次に気にするのは土地の面積です。あなた自身の固定資産になる土地ですので、価格ばかりで飛びつかず、将来性をしっかり見据えて土地に関するすべての事をじっくり考えていきましょう。まずは土地の総面積を調べます。土地の形にも注目です。台形の土地や、変形の土地などあなたが家を建てる時に何かしら不都合が出てしまうような広さではありませんか?狭い土地なので、3階建ての住居を作りたいと考えても建築基準法という法律などによって不可能な場合があります。近隣の住宅の日照権を奪ってしまう恐れがあるからです。

また、生活道路の幅に満たない、などという理由で、国や自治体に土地の一部を提供しなければならない約束がある土地もあります。契約をする前に色々な条件をきちんと確認しておくことをお勧めします。このほかに建ぺい率という土地に対しての建物の広さの割合も「都市計画法」という法令で自治体ごとに決められていますので、必ず確認しておきましょう。土地に対して3割の面積以内で家を建てなければならない、容積率の関係で2階建ては建てられないなどという不都合も生じることも考えられます。

現在の家族構成や、二世帯同居住宅にしたいというような将来的な住居目的なども考えながら土地探しをお勧めします。土地を探す前には、「どこの地域に土地を持ちたいか」「現在の家族構成と将来の家族構成に違いはあるか」「家の広さはどのくらいが望ましいのか」などをしっかりメモに書き出すなどしておくとよいですね。

 
土地探しの基礎
環境のよい立地から
広さはどう決める?
競売の物件
複数の業者が紹介する物件
土地販売広告の落とし穴
田舎の物件と都会の物件

主なチェックポイント
過去の履歴は?
道路の広さは大丈夫?
住宅は建てられる?
価格は適正?

対象地域
北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県