土地探しのコツ・ポイント
 

競売の物件

不動産業者が扱っていない土地もあります。競売物件(けいばいぶっけん)という言葉を耳にされたことがあるでしょうか?平たく言ってしまえば、裁判所の差し押さえ物件です。金融機関などで担保にしていた土地などがそれにあたります。競売物件というと経歴がよくないということで顔をしかめてしまう方もいらっしゃいますが、実は競売物件は立地もよく条件もそろっている上に価格も安いといいことずくめの場合が多いのです。よい条件がために価格が高くても無理をして購入してしまい、ローンの支払いをすることができなくなったという流れが多いようです。

競売物件は、裁判所で誰でも自由に閲覧することができます。競売ですので、支払える額の範囲で入札を行うことになります。入札までの流れはネットオークションのように簡単なものではありませんが、世の中の仕組みについて勉強できるかもしれませんね。競売物件の中には民事事件などに関与しているものなどもあり、買い手が決まるまで人が住んでいることもあります。落札後明け渡し等のトラブルも考えられますので、注意しましょう。

競売で落札した土地を専門に取り扱っている不動産業者もあります。買い手がつかなかった土地や家屋を格安で落札し、直接売主になって物件を販売しているのです。知らずのうちに競売物件を購入している方もいるかもしれませんね。中古物件の土地を購入される際は、事前に法務局などで土地の登記簿謄本などを取り寄せて経歴を確認されることをお勧めします。

 
土地探しの基礎
環境のよい立地から
広さはどう決める?
競売の物件
複数の業者が紹介する物件
土地販売広告の落とし穴
田舎の物件と都会の物件

主なチェックポイント
過去の履歴は?
道路の広さは大丈夫?
住宅は建てられる?
価格は適正?

対象地域
北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県