土地探しのコツ・ポイント
 

土地販売広告の落とし穴

売り地などが掲載されている広告なども土地探しの時の重要な手掛かりになりますね。興味のあった土地の詳細をよく読んでみると分かりにくいなどといったことはありませんか?また広告の内容と現状が著しく違っていた、家を建てられる土地ではなかったなどと後になってからトラブルが起こらないように、広告の内容に関しても慎重になることをお勧めします。

広告の文字は読みやすいですか?小さな文字で不利な項目が記載されていることもあります。物件が所在する住所は必ず記載されていなければなりません。住所等が書かれていない場合には架空の土地を紹介する「サクラ」物件かもしれません。

土地に関しての建築条件は必須です。家が建てられない「市街化調整区域内」の土地であるか「市街化区域」にある土地なのか、また建築条件が付いているかどうかも必ず明記しなければなりません。購入後に「家が建てられない」ということが分かっても後の祭りです。土地に関して不明な点、広告を出した不動産業者の回答があいまいだと感じられた点はあなた自身がその土地に関して調べましょう。あなたの足で現地を見に行ったり、法務局で土地に関しての経歴を調べることも可能です。またその土地に家を建てることができるかどうかは役所で確認をすることができます。家を建てるために必要な建築確認を取るために整備された公道があるかどうかも必要になります。広告には土地の形と隣接された道路に関しての情報もきちんと記載されていますのでしっかりと確認しましょう。

 
土地探しの基礎
環境のよい立地から
広さはどう決める?
競売の物件
複数の業者が紹介する物件
土地販売広告の落とし穴
田舎の物件と都会の物件

主なチェックポイント
過去の履歴は?
道路の広さは大丈夫?
住宅は建てられる?
価格は適正?

対象地域
北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県